女子ゲス恋愛ライターは日々憂う。

アラサーフリーライター「ミクニシオリ」の寄稿記事まとめ。音楽や恋愛の話、原稿の裏話など。

【ネットで500人斬】プロ級ネットナンパ師にTinderでヤる方法を聞いてきた【MTRL】

f:id:kangaenaikun:20180329131553p:plain

 ひょんなことからお友達になったヤバイやつ、やうゆくん(@yauyuism)くんのインタビュー記事。

やうゆくんは界隈ではちょっぴり有名なオフパコラー。

twitter.com

はてなブロガーさんですがその辺の怪しい恋愛コンサルさんではないのでご安心を。ただの女の子に優しいヤリチンです。(笑)

最近いろんなヤリチンに話聞きすぎて思ったんだけど、やっぱり男性って人生に置いて恋愛に重きを置かない人多いよなあという話。

だって、恋愛を一番重要に考えるなら結婚という責任というものが発生してくるし、責任を背負う結婚よりも大事なものがあるから、「とりあえずセックスだけしたい」んじゃないですか。ある意味至極まっとう。意見としては「分かる」ってなる。

私も今は仕事が大事なので、恋愛や結婚に自分を制限されるというのは無理かもしれないなあと思う。

だから分かるけど、そのセックス至上主義の理由みたいなところ。けど、自分はそんな風に割り切って人と接することができないことも多いので、羨ましくも思う。

Tinderは年齢層が若い人も多いので、結婚とかまだぴんと来てなくて、ただ今を謳歌したいだけの人も多いのだろう。いいと思う、そういう人同士の娯楽のセックス。

ただ、やうゆくんにしろTinderのヤリチン、ビッチたちにしろ、私は「問題を先延ばしにしているだけでは?」と思ってしまうこともある。

私は20年先を憂いて、適当な恋愛ができないタイプなので。ヤリチンたちは10年後も結婚したくないと思うのだろうか。そのまま30過ぎても娯楽でセックスするのならそれはそれでとても開き直れていていいと思う。

大体の人はどこかで「やっぱ、やばくね?」ってなるんじゃん。後からそう思うの絶対精神衛生よくないしダサいから、私は今からこじらせてるんだけどね。ってそれもダサいか。